4.7インチiPhone 6のメインRAMの容量は1GBで据え置きに?

iPhone 6のメインRAMは1GB?

iPhone 6のメインRAMの容量が気になりますが、4.7インチモデルに関しては1GBの据え置き容量になる可能性が高いようです。現行モデルですら容量少ないなーって思ってしまうのにまさかの新モデルでも容量据え置きなんてことがあり得るのでしょうか??

これは、ロジックボードのリーク写真のA8プロセッサの刻印で明らかになったもので、iPhoneのメインRAMはHynix製でA8チップにオンチップされており刻印によって容量がわかるようになっています。

その刻印は「8」と表示されておりこれはHynixのスペック表によると1GB(8Gb)を指しているんだとか。

Iphone 6 a8 ram

画像がボケていて見難いですが「8」か「B」の文字が見えますね。この「B」が2GB(16Gb)を示している番号であり、このことからメインARMが2GBである可能性もあります。

iPhone 6はディスプレイサイズが大きくなり解像度も向上するとみられていますが、果たしてiPhone 5sからの据え置きの1GBのRAMになるなんてことがあり得るのでしょうか。

今までのiPhoneのRAM容量

過去のiPhoneのメインRAMは下記の通りです。

  • iPhone 3G:128MB
  • iPhone 3GS:256MB
  • iPhone 4:512MB(DDR)
  • iPhone 4s:512MB(DDR2)
  • iPhone 5/5c:1GB(DDR2)
  • iPhone 5s:1GB (LPDDR3)

必ずしもRAMの容量が増えることはありませんが、3GS→4、4s→5の時のようなメジャーアップデートの時にはRAMの容量が増えていることがわかり、いずれも画面解像度が上がったときのRAM容量のアップとなっており、今回のiPhone 6も解像度が上がることを考えるとRAMの容量アップは必然のようにも感じます。

なのでiPhone 6以降はこのようにRAM容量がアップしていくべきであります!

  • iPhone 6:2GB(LPDDR3)
  • iPhone 6s:2GB(LPDDR4)

あくまで4.7インチモデルのiPhone 6のロジックボードですから5.5インチはどうなるかはわかりません。

MacRumors

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

こちらの記事もオススメです。

コメントを残す