気圧センサーがiPhone 6に搭載される?天気関係の機能が強化か

iPhone 6に気圧センサーが搭載?

iPhone 6には色んな新機能を搭載して登場するとみられていますが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は気圧センサーが搭載される可能性があると伝えています。

気圧センサー??

以前に開発者に提供されていたiOS 8のbeta版のコードの中に気圧センサーに関するコードが見つかったもあり、何らかの気圧に関する機能が追加されるかもしれません。(最新版のiOS 8 betaにはコードが削除されたとのこと)

また、少し前にiPhone 6の回路図が流出しましたが、その回路図に「BMP282」という型式のチップがあることが判明、この型式がBosch社の「BMP280」という気圧センサーの型式に似ていることから搭載は確実とも言われています。

10253 2409 005vDhTugw1ejgzchscgej30ip09w0u0 l

気圧センサーは名前の通り気圧や高度を測定することができる機能ですが、このセンサーが何の役に立つのかはサッパリ分かりません。情報ではGPS機能と高度なナビゲーション機能を使って精度の高い天気予報の提供を可能にするためともいわれています。

実はiPhone 5sでもGPS やモーションセンサーを使って標高を計測することが可能なんだそうです、専用のセンサーではないため計測精度が悪いなどの問題があるんだとか。気圧センサーを使う事で大気の状態を観測し急な天気の変化にも対応することができたりと何かと便利な使い方ができるのかもしれませんね。

9To5Mac

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

こちらの記事もオススメです。

コメントを残す