NFCチップ搭載でiPhone 6のおサイフケータイが実現か?

iPhone 6はおサイフケータイに対応か!

iPhone 6にはいよいよNFC(近距離無線通信)が搭載されおサイフケータイが実現するとみられています。

Appleのリーク情報に詳しいSonny Dickson氏が公開したiPhone 6のロジックボードにNFCのチップとみられるものが搭載されていることが明らかになっています。

こちらがNXP社のNFCチップ「NSD425」という型式が搭載されているロジックボードです。

Iph6 motherboard5

Sonny Dickson

「NSD425」という型式のNFCチップはNXP社のカタログには存在しませんが、Appleが特注で作らせた特殊チップである可能性は十分に考えられます。

Appleは先日、カード会社のアメリカン・エキスプレスとアップル独自決済システムで提携に合意したことが伝えられましたがすでにVISAやMasterCardとも合意しているとみられており、いつモバイル決済サービスがスタートしてもおかしくない状況です。

また、iPhoneには指紋認証技術のTouch IDという他社のスマホではなかなか見られないセキュアなシステムが搭載されており、非常のおサイフケータイとの相性は良いと言えるのではないでしょうか。

日本のおサイフケータイとは規格が違う?

ただ、日本で普及している一般的なおサイフケータイとは規格が異なるということで、今のシステムを流用することができないとみられており、日本で普及するかどうかが問題となりそうです。

しかし、日本のiPhoneの普及率を考えるとコストが掛かってもiPhoneに対応したモバイル決済システムを導入したいというショップは多いのではないでしょうか。つまり、普及するのは時間の問題ということになりそうです。

9To5Mac

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

こちらの記事もオススメです。

コメントを残す