画面が大きいiPhone 6/6 Plusでも片手で操作できる機能が搭載!

iPhone 6には片手モードが搭載

iPhoneの画面が大きくなるのは嬉しいですが気になるのは操作感です。IPhoneは片手で使うことにこだわりを持ち続け他社と比べると画面の大型化は遅い方でした。しかし、市場の流れには逆らえずiPhone 5で横幅の大きさを維持しながら縦に画面を伸ばすことで大画面化を実現。何とかiPhone 5sまでは片手で使おうと思えば可能です。

しかし、9月19日に発売が開始される「iPhone 6」は4.7インチに、「iPhone 6 Plus」は5.5インチに画面が大きくなりとても片手で使うことは難しく、特に5.5インチに関しては両手を使わざるを得ないでしょう。

iPhone 6/6 Plus

そんな中、Appleは大きいiPhoneでもちゃんと片手でも操作ができる施策を考えていました!

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」には片手でも画面操作をすることが可能となる「片手モード」こと「Reachability(リーチビリティ)」と言う機能が搭載されており、ホームボタンをダブルクリックすると画面が下に下がって上にある箇所も片手で簡単に操作ができるというものです。

なんか、上に空いた空間がちょっと気になりますが、サムスンの片手モードに比べればまだマシではないでしょうか…。

>> 片手操作モードが大画面化したiPhone 6に搭載?

iPhoneの片手モードはどちらかというと富士通のARROWSに搭載された片手操作モードに似ているかもしれませんね。

9To5Mac

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

こちらの記事もオススメです。

コメントを残す